アクセス解析

2005年10月30日

投資ルールは必ず守る

一度投資方針を決めたのなら、そのルールを守ることが大切です。

■値下がり時は黙って見守りましょう

売り取引はしないという投資方針を自分で決めました。そんなこと言ったって明らかにこれは下がりますよ!というようなチャートに出くわすこともあると思います。たとえば1日でドルが2円も3円も上げたとします。ニュースでもこれ以上は上がらないと言っています。この状況なら調整が入っておこぼれに預かれるだろうなんて気持ちが沸いてくるはずです。

しかしこんなときでも黙って指をくわえて見ていなくてはなりません。実際に調整が入って儲ける機会をみすみす見逃したとしても、内心未練たらたらでもいいですからここはぐっと我慢します。

一度自分で決めたルールを破ると、その次もいいかとなって段々とルールがあいまいになっていき、結局最終的には冷静さを失って大きなミスを犯します。私がこの数ヶ月間やっていたことと全く同じです。そのときはたまたま儲けが出たとしても、この次も同じようにうまくいくとは限りません。長い目で見れば自分のルールを守った方が冷静な判断を維持できるのです。

もちろん、買いポジションを持っていて含み損が出ることは当然あります。しかし、それは自分の投資ルールの範囲内のことなので冷静に対処できます。しかし変則的なルールで取引をすると、自分の思惑と異なってしまった場合に冷静な判断ができなくなります。

いざというときのよりどころとなるルールを自分の中に持っていればどんな場面でも冷静さを保てます。そのためには、浮ついた気持ちでルールをころころ変えるようなことはせず、一度決めたことは守るという姿勢が大切なのです。


■長期的視野でいきましょう

この先取引を続けていけば、おそらく売り取引をしたくなるようなチャートに出くわすことがあると思います。あのとき取引していれば・・・と思うこともたびたび出てくるはずです。そんなこと考えたって実際に取引すれば失敗する可能性もあったのです。結局はすべて結果論でしかありません。売り注文をしないと決めた時点で、値下がり時の利益をあれこれ考えるのはやめようと思います。

全てのチャンスを物にできなくたっていいんです。今日で市場がなくなるわけじゃないんですから。負けなきゃいつかまたチャンスに会う可能性はあるんです。そんな気持ちを忘れないようにしたいと思います。
posted by valuefx at 12:26| Comment(0) | TrackBack(0) | FXの基礎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8759602

この記事へのトラックバック
Copyright © 2005-2006 daisuke All rights reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。