アクセス解析

2005年11月11日

高金利通貨による必勝法2

引き続き高金利通貨による有効な投資法について考えてみます。安全率を保ちながら大きなリターンを狙うには、どの程度のレバレッジが最適となるのでしょうか。
以下の表は、金利7%のNDドルを80円で買った際にレバレッジの違いによりどのような利率となるかをあらわしたものです。

レバレッジ金利維持
可能値
許容
下落率
2倍になる
年数
1倍7.0%0.0100.0%14.3年
2倍14.0%40.050.0%7.1年
3倍21.0%53.333.3%4.8年
4倍28.0%60.025.0%3.6年
5倍35.0%64.020.0%2.9年
6倍42.0%66.716.7%2.4年
7倍49.0%68.614.3%2.0年
8倍56.0%70.012.5%1.8年
9倍63.0%71.111.1%1.6年
10倍70.0%72.010.0%1.4年
11倍77.0%72.79.1%1.3年
12倍84.0%73.38.3%1.2年
13倍91.0%73.87.7%1.1年
14倍98.0%74.37.1%1.0年
15倍105.0%74.76.7%1.0年
16倍112.0%75.06.3%0.9年
17倍119.0%75.35.9%0.8年
18倍126.0%75.65.6%0.8年
19倍133.0%75.85.3%0.8年
20倍140.0%76.05.0%0.7年

上の表の維持可能値を見ると、感覚的ではありますがレバレッジ7倍の68.6円程度まで余裕を持たせておけばかなり安全な状態とだと思います。これ以上のレバレッジだと安全域がかなり少なくなってしまいます。レバレッジ10倍では72円、15倍、20倍にいたってはそれぞれ74.7円、76.0円までの下落までしか許容することができす、かなりリスクの高い状態といえます。

今度は金利により投資金額が2倍になるまでの年数を見てみます。レバレッジ5倍くらいまでは年数が一気に下がりますが、それ以降はレバレッジの増加に対する効果はそれほど感じられません。ちょうどレバレッジ7倍で2年になるので、このあたりがリスクに見合ったリターンと考える限界ではないかと思います。


以上の結果からわかるように、スワップ狙いの取引においては5〜7倍以上にレバレッジを上げてもリスクの増加に見合ったリターンは期待できないといえます。

100%のリターンを達成するのにレバレッジ2倍なら7年かかるところを、レバレッジを5倍に上げて3年で達成しようと考えるのなら賢いリスクの取り方といえますが、レバレッジ7倍なら2年で達成できるのに、さらにレバレッジを10倍、15倍と上げて1年で100%のリターンを目指すのは無謀としかいいようがありません。


取引金額の少ない間は、多少リスクが高くなってもリターンを狙いたいと思うのなら、レバレッジ7倍を上限と考えるのがいいのではないでしょうか。実際には、買い増しを行うための余裕を持たせておく意味で4〜5倍のレバレッジでポジションを取り、収支転換線付近まで下がってきたときに7倍を上限に買い増しを行っていくことになると思います。

スワップ収入と資金追加を継続しながら、レバレッジ4〜7倍でポジションを取り続けていければ、為替の影響を考慮しても年利30%は期待できるのではないかと思います。

この考えはあくまで金利7%という高金利を元に考えているので、金利が下がれば数字もがらりと変わってしまいます。過度の期待は禁物です。当面はマイナスにならないことを第一目標と考えたいと思います。
posted by valuefx at 00:15| Comment(2) | TrackBack(0) | FXの基礎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こういうシュミレーション続ける事によって メンタル面の強化に繋がるし 近視眼的投資行動を抑制出来るしで いい事づくめですね^^  
Posted by あゆみっくす☆ at 2005年11月11日 01:13
あゆみさん、こんにちは!

あゆみさんの言うとおりですね。こういったデータを客観的に自分でまとめてみると、冷静な判断ができるようになってきます。私自身、自分の書いた記事を読み直すことで意外な発見をしたりします。過去の自分の方がレベルが高かったんですね^^;

今後も冷静な判断の指標となるような記事を書いていければと思います^^
Posted by だいすけ at 2005年11月11日 07:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Copyright © 2005-2006 daisuke All rights reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。